スポンサーサイト

2016.04.19 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    レーザーポインターの危険性

    2014.12.31 Wednesday

    0

      一番危険なレーザーポインターとは何でしょうか? それは間違い無く不必要に高出力レーザーポインターです!ハイパワーレーザーポインターは、海外やオークションなどによってインターネット上ではまだ販売され続けています。
      http://xiaofen.269g.net/article/18840354.html
      一体、それ程ハイパワーのレーザーポインターを買って何に使うのでしょうか?? 勿論、プレゼンには使えないし、偶然にでも人の目に入ってしまえば傷害事件になってしまいます・・・。

      201412312

      例えば神奈川県横浜市1999年12月8日、消費者生活センターに、横浜市内の中学生の保護者から、「教室内で数人の生徒が、おもちゃの レーザーポインターを振り回しているうち、顔に向けてしまった。光を受けた3人は、視力低下を起こした」とい う事故内容の報告とともに、「警告は英語で書かれており、子供には読解不可能。子供が簡単に手に入れられるこ と自体、問題ではないのか」と、指摘があった。3人は眼科で「通院が必要」と診断されたが、その後、点眼液で 視力は回復したという。
      また、2000年9月19日にも、同様の事故が発生している。ゲームセンターの景品で貰った500mW赤色レーザーポインターを使用した際、赤い光が流し台のステンレス板に反射し、目に入ったため、2時間後に目が痛くなった。 やはり、事故品は製造業者不明で注意表示等は外国語表示であったという。

      または本月「レーザーポインター照射」で12歳少年が半失明に なった。以下、具体に説明します。

       サッカーの試合で選手のプレーを妨害するために、観客席から相手チームの選手の目に緑色レーザーポインターが照射されることが問題になっているが、オーストリアで12歳の少年がレーザーポインターで半失明状態になったと、時事通信が2014年12月3日に報じた。

      そのような事件は近年ますます増えった。市民の生活に大きな影響を帯そった。そして正しいレーザーポインターを使うのは重要だ。その結果、私達の生活便利二なるのはレーザーがいい方面を役立た。