スポンサーサイト

2016.04.19 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    レーザーポインター目に対する危険がありますか?

    2014.12.24 Wednesday

    0

      レーザー光に曝されると目を損傷することがあります。 レーザーの波長や強度によって、目への損傷が異なることがあります。高出力レーザーポインターは使用際に是非レーザー防護メガネをかけることを忘れずに。

      201412242

      可視光(400nmないし700nm) および近赤外光(IR-A, 700nmないし1400nm)は目を通過することができるため、網膜や視神経と目の中心部に回復不能な損傷を引き起こすことがあります。人間の目は、通 常、400nmないし700nm(紫から赤まで)の波長域の光を分解することができます。 残念なことに、1400nm以上の波長も目を通過して、網膜や視神経に重大な損傷を与えることがあります。

      目に対する危険性のみならず、レーザーを使用する際に注意すべき他の危険性にも言及しています。特に市場でよく見えるグリーンレーザーポインターやレーザーポインター レッド などのレーザー用品です。  

      近赤外以外の波長の不可視光線は、目の外側部分に損傷を与えます。 紫外線(180nmないし400nm)は水晶体や角膜の損傷を引き起こします。 中赤外線(IR-B、1400nmないし3000nm) は、表面を通過して白内障を引き起こす可能性があります。遠赤外線(IR-C、3000nmないし1mm)は目の外面や角膜の損傷を起こすことがありま す。 
      さらに、さまざまな角度で反射する二次ビームの存在を忘れてはなりません。 二次ビームは作業面や作業面の近くに存在します。 これは、メインビームがさまざまな面で反射された正反射です。 二次ビームの強度はレーザーから放出される総出力よりも弱いものの、目に損傷を与えるほど強く発生することがあります。500mW赤色レーザーポインターを設置する際には、この条件も考慮すべきです。
      http://lensoim12.269g.net/article/18819911.html